現役ビール売り子Bちゃんのブログ

現役ビール売り子の女子大生、Bちゃんです。売り子に関わる全ての人が楽しめる情報を提供します🌟

売り子たちの体を襲う「痛み」

おはようございます☀Bちゃんです!

 

すでに売り子としての初仕事を終えた方はご存知かもしれませんが、翌日の全身の筋肉痛を始めとして色々な所が痛くなるのがこの仕事の辛いところですよね💦

 

もちろん足の筋肉痛もそうですが、あの重い樽を背負い続けるので肩も痛くなりますし、腰も痛めます。

身体を支える上半身の筋肉もフルに使うため、もはやどこが痛いのかわからないくらい全てが痛い!

 

残念ながらこれは、普段から鍛えていたり運動をしていても避けられないと思います。

何年も売り子をやっていても、シーズンの始めの1試合が終わった後は毎年こうなってしまう方が大半です。

 

予防するよりは終わった後のケアが大切です。

しっかり湯船に浸かる、マッサージをする、冷やす、湿布を貼る…簡単なことですが、するとしないでは全然違います。

 

痛くなる予兆があるのに予防をしないと、次の日は金縛りにあったように体が動かなくなります(笑)

プロ野球の試合は基本的に対戦カードごとに連戦の組み合わせですよね。もし全部出勤するつもりなら、初戦でダウンしてしまっては大変です。

 

そして、痛みは単純な筋肉痛だけではないと思います。

ショルダーが肩に擦れて真っ赤になってしまったり、膝がアザだらけになってしまうのも避けられません。

これらの苦しみは数試合積み重ねていってからが本番です。

 

膝に関しては前回の記事でサポーターをご紹介しましたが、あるとないとでは全然違います。アザの軽減はもちろん、立て膝をついてビールを注いでいる間の痛みはかなり抑えられます。

 

肩の擦れですが、はじめは赤くなってヒリヒリすると思います。この段階でも困るのですが、そのうち肩のショルダーの当たる部分の皮膚が黒ずんでしまうようになるのです。

こうなってしまうとなかなか治りません。せっかくの夏、水着もノースリーブも黒ずみが気になってしまう…

とにかく赤みが出たら保湿が必要です。皮膚が硬くなる前にケアしましょう。

 

そしてここまでご説明してきた内容は、初心者さんはもちろんですが、ベテランになってもなかなかなくなりません。

 

というより、足の筋肉痛や膝の黒ずみは売れる子ほど酷くなっていきます。

売り子として働く以上、小さな怪我や身体のトラブルは付き物です。どこまで予防できるか、ケアができるかで仕事中の動きにも影響します!

 

日々の身体のケアをしっかりして、毎試合万全の状態で挑めるように準備しましょう✨

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村